自分でカミソリなどで無駄な毛を剃

自分でカミソリなどで無駄な毛を剃ったりすると、毛が埋もれてしまって出てこない、ということが往々にしてあります。

こういった場合、どうにかしてやろうと頑張ってみたりしますが、肌が傷んでしまい、むしろ逆効果です。

プロの脱毛(レーザー・光とかありますよね)をしてみるか、簡単に手に入るスクラブやピーリングなんかを使用してゆっくり減らしていくのが良いのかな、と経験上思います。

そのまま放っておいたりすれば毛穴周辺が黒くなる原因にもなるので注意が必要です。

脱毛サロンへ通うようになると、悩みのタネになりがちなワキガが軽くなるそうです。

脇にあるムダな毛を処理することで、劇的にニオイの元になる雑菌が繁殖しなくなります。腋臭だから恥ずかしいと感じて施術はとても受けにくいとお考えになるかもしれませんが、相手の方はプロなので全然気にしなくていいのです。

できれば早めに勇気を出してしまって脱毛サロンへ行ってみてはいかがでしょうか。

脱毛するとき、電気シェーバーを使うと、手軽にできて、それほど肌への負担がありません。

エステの脱毛や脱毛サロンの前の自己処理に電気シェーバーを推薦されることが多いと思います。

ですが、ほんのちょっとも肌にダメージが生じないとはいえないので、アフターケアはしっかりとやってください。脚のいらない毛を脱毛サロンではないところで、自宅で綺麗に剃るのは困難です。

脚はあちこち曲線がありますし、難しいところもあったりするので、自分で行う処理でムダ毛が一切ないツルツルの滑らかな肌にするのは簡単にはできないものですね。脱毛サロンに行けば、うっかり剃り忘れた毛が少し残ってしまったなんてこともないでしょうし、素肌へのダメージも多くはないです。

脱毛サロンを同時に2つ以上行くことは全然アリです。掛け持ち禁止の脱毛サロンなんてないので、全く問題にする必要はありません。

逆に、掛け持ちをした方があなたにとってお得に脱毛できます。

脱毛サロンごとに料金設定が異なるため、価格差を巧みに利用してください。でも、色々な脱毛サロンに掛け持ちして行く必要があるので、労力が必要になります。

もし脱毛サロンで契約した後で、何か後悔するようなことがあるなら、8日間はクーリングオフが使えます。

クーリングオフが有効なのは契約した日を含めて8日間となっていますから、止めたい場合は即手続きを行ってください。

クーリングオフが適用される契約内容は期間が1ヶ月以上で5万円以上の金額がかかるケースのみです。

手続きについては、クーリングオフは書面でと決められていますから、事前の電話連絡も、お店を訪れる必要もありません。

脱毛器の購入時の注意点は、危険性はないか、使いやすいか、購入後のサポートは充実しているかの3つです。

どれほど脱毛効果が高くても肌荒れや火傷が起きるような脱毛器は利用することが不可能なので、買う時は安全性を確認してください。脱毛器の取扱の方法も買う前に調べてみましょう。

購入後の支援体制が十分だと予想外の事態に遭遇した時に困らなくて済みます。

ソイエやアミューレで知られる脱毛器は、泡脱毛が可能です。

ムダ毛を泡で包み込むので、悩みの種となる肌への負担は減り、あまり痛くない処理が可能となります。

しかし、脱毛のパーツによって注意が必要です。

毛を直接毛穴から抜くので、痛いのが苦手、という人にはあまりおすすめできません。

処理の直後の気になる点としては大多数の人が肌が赤くなることに悩まされるということです。ノーノーヘアは、美人モデル3人が不思議な歌と踊りでムダ毛処理をアピールするCMで一躍有名になりました。どのような製品かというと、サーミコン方式といって、熱を加えてムダ毛を処理するタイプの家庭用脱毛器です。肌に光をあてるのではなく、ムダ毛に熱を加えて焼き切るタイプなので、レビューで「焦げ」「臭い」の単語が多いことからもわかるように、処理中はニオイが発生します。他の脱毛器と比べると断然コンパクトな形状で、デザインもかわいいのですが、製品レビューを見ると、効果が実感できない、ニオイの割に処理できていない、仕上がりの見た目が不満という声が、割と自然に目に入るほどたくさんあるのが気になるところではあります。

もちろん、プラスの評価もあります。もともと光脱毛できない体質の方がサーミコン方式なら処理できたとか、こまめな自己処理の手間はあるけれど継続的に使っていれば、ムダ毛が減ったという意見もあります。
自分の求める効果がどんなものか考慮した上で選べば、それなりに効果が得られるのかもしれません。

安全性が重視される脱毛エステは、実際の所は、各エステサロンにより違いがあるようです。

安全に対する意識や行動が第一の場合もありますし安全という意識がおざなりなところもありますね。エステで脱毛してみたいなと思ったら、利用者の声をしっかり調べるのが最善の方法です。それに、簡単な体験コースなど安い所からチャレンジして止めておいた方がいいかなと思うときは、「ここで退散!」と自分に言い聞かせましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です